kdairy

IT企業で働く旅好きサラリーマンが考えたことを綴ります

IT

ど文系の彼女が未経験からプログラミングを勉強し始めた話

投稿日:2017年9月22日 更新日:

パソコンにすごく疎かったど文系の彼女がプログラミングをはじめました。まさかだったので、正直びっくりしました。全く知らないサービスだったのですが、この仕組みすごくいいなあと思ってシェアしたくなり、書きます。

なぜプログラミングをはじめることになったのか

Youtube大好きな彼女はUUUMで働きたいと言い出したのですが、専門学校卒でスキルもありません。WEB系の会社でパソコンに弱いのは致命的です。学齢がなくても、コードが書けたら採用してもらえるかもしれません。まずはスキルをつけないとということで、プログラミングを勉強しようという流れになりました。数学的センスも皆無なのでどうなるのかなと心配しています。笑

 

どこで勉強しているのか

親元を離れ、上京してる彼女は昼間は契約社員として働いています。生活しないといけないし、働き続けながら勉強しないといけません。そんな彼女がプログラミングを勉強する方法として選んだのが、TechAcademyの就職保証付き Javaエンジニアコースです。就職しても返金、就職できなくても返金、とりあえずコミットさえしてくればいいですよ。っていうコースです。お金なくて、就職したくてとりあえずプログラミングにチャレンジしてみようという人向けのコースかなと思います。

TechAcademyのいいなと思ったところ

すべてがオンライン化されているので、どこでもできるというところ。働きながらとか地方に住んでるとか、制約条件がある人にはすごくいいなっと思います。メンターへの質問がSlackでのテキストベースなので、まず文字ベースでわからないところをまとめるので身につきそうだなと思いました。それ以外に、appear.inで週2回進捗管理をしてくれます。本気で無理な時は、そのタイミングでフォローアップしてくれるみたいです。

実際にど文系が受講して見て

今で約半分が終わりましたが、挫折せずに順調にやっています。こまめにサポートが入ることとわからなければ即、聞くことができる環境は大きいみたいです。基本的に即レスなのでプログラミングがわからなくなって嫌になる前に解決できているように感じます。超素人が環境構築からちゃんとやれているところを見ると、TechAcademyすげえなって思ってしまいます。笑

まとめ

今回は就職保証コースを紹介しましたが TechAcademy [テックアカデミー]は色々なコースがあるみたいです。僕の場合は就職保証はいらないので、WEBアプリケーションコースとか受けて、ちょっとしたサービスくらい作れるようになりたいなあと思いますが、重い腰があがりません。。

-IT

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京駅で無料で使える最強のコワーキングスペースがあった。

東京駅で作業しようとした時に、人がいっぱいでカフェに入れないということも多いですよね。いい作業場所を見つけました。起業支援している場所なので少し入りにくいかなあと思いましたが、すごく利用しやすかったで …

AmazonEchoDotの「できること」と「使ってみた感想」

スマートスピーカーであるAmazonEchoDotが我が家にやって来ました。世界で一番流行っているスマートスピーカーを僕が実際に使ってみて、なにができるかを試してみたいと思います。 AmazonEch …

テレビでネット動画を見たいならChromecastがすごくよかった。

abemaTVに最近ハマっていてテレビでみたいなあと思ったとき、Chromecastに出会いました。買うときはFireTVと迷いましたが、いざ使って見るとすごく快適に使うことができています。 Chro …