kdairy

大手IT企業と旅行系スタートアップに勤める2年目サラリーマン。旅とお酒とコーヒーが好きです。

雑記

【無料で髪の毛が切れる】ミニモがすごい

投稿日:2017年10月22日 更新日:

だいたいみなさん、月に一回くらい髪の毛カットがあると思います。僕はおしゃれにすごく気をつけているわけではないので、いっつも悩みます。

カット苦手さん
どんな髪型にしよう。。

おしゃれに疎い人は、髪型の注文するだけで難しいのです。なのに、4月から東京に来てさらに悩みが増えました。

カット苦手さん
どこで切ろう。。

そんな時にいいサービスを見つけました。ミニモです。東京以外で美容室が少ない地域は微妙かもしれませんが、東京では最強でした。東京に来てから、髪の毛を切る時にミニモを使用しています。1回使ってみようと思ってからハマりました。

ミニモのいいところ

無料で切れる。

カットモデルなので無料で切ってくれます。無料なのに確実に、スタイリストの人が切ったあとチェックしてくれるので、何も問題がありません。自分の髪の切り方を切ってくれたアシスタントさんにフィードバックされるのも聞けるので、なんか楽しいです。こだわりのない僕からしたら無料はありがたいです。

予約が簡単。

アプリで3タップくらいで予約ができます。すごい簡単です。


同世代の人が多い。

スタイリストを目指しているアシスタントさんが多いので、同世代(20代)の人が多いです。僕が今まで切ってもらった人も全員20代でした。なのでなんか、安心します。話も合うので、切ってもらうときも楽しいです。

ミニモの悪いところ

時間がかかる。

無料で切ってもらっていてなんなんですが、やっぱり練習中なので時間はかかります。時間をかけたくないならオススメはできません。

即予約以外は予約が成立しにくい。

自分の行きたい時間帯を予約して美容師さんと調整することも可能なのですが、僕の経験上、予約が成立したことがありません。美容師さんが元から設定してる時間帯に、即予約で入れることをオススメします。

男性が予約できるところが少ない

たくさんのサロンがある東京ですが、男性カットモデルの募集は圧倒的に少ないです。切りたくなったら、早めに予約した方がいいです。逆に言えば、女性カットモデルは山ほどあります。

まとめ

今のカット料金が高いと思っていたり、美容室が苦手だなあと思っている人ほど、一度試してみる価値はあると思います。僕的にはすごくオススメです。

-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「コンフォートゾーン」からでること

まず、コンフォートゾーンとはなにか、Googleで検索してみました。   調べてみたんですが 僕が絶大なる信頼を置いているwikipedia先生も教えてくれませんでした。。   簡単にいうと、  「快 …

「自己肯定感」をもつこと

今回は有名大学出身の同期と2か月過ごしていて、プライドと自己肯定感について感じたことがあるので書きます。 自己肯定感とは? 自分のことを認められることだと思います。小さい頃から容姿がよくて褒められてい …

僕が東京に消耗しないために工夫している3つのこと

地方組なら一度は住んでみたいと思う街、東京。でも、人が多いし、よくわからないし、ちょっと怖いなと感じると思います。そもそも疲れそうな印象がないでしょうか。この春から東京にでてきた僕が東京に消耗しないた …

「女はみんなメンヘラである」と思って生きれば、多くの問題は解決する。

Twitterでこんな記事が回ってきました。 p-dress.jp 読んですごくいいなあって思いました。女の人が過剰に男に期待しないと言う意味で。これは、5歳児をメンヘラに変えたら、この世の全ての女の …

東京に住んでみてイメージと違うこと

今回は、実際に東京に住んでみて、住む前に感じていたイメージと違うことをまとめて見たいと思います。出身も京都なので、都会はそこまで珍しくありませんでした。東京に憧れを持って出てきたわけではありません。そ …